善玉菌が健康を維持|健康トラブルがもたらす影響|即効性のある便秘解消法を探そう

健康トラブルがもたらす影響|即効性のある便秘解消法を探そう

善玉菌が健康を維持

レディ

二つの菌の役割

人間の体の内外には、多種多様な菌が生育していて、特に注目すべきなのが善玉菌の存在です。腸の長さは個人差がありますが、大体7〜9メートルほどで約100種類の細菌が、100兆個くらいはいます。しかし細菌とは言っても、悪さをするばかりではなく善玉菌のように健康を維持する上で、必要な場合もあるのです。善玉菌と相反するのが、悪玉菌の存在になります。悪玉菌は腸の中を腐敗させアルカリ性にし、便秘や下痢を引き起こすだけでなく発がん性物質も作り出すのです。腸の中に悪玉菌が増えることにより、身体の免疫力が衰えて病気が発症してしまうこともあります。色々な悪さをする悪玉菌を抑え込んで、コントロールしてくれるのが善玉菌のチカラなのです。

オリゴ糖と蜂蜜を加える

悪玉菌の増加を防いでくれ、免疫力を高めてくれる善玉菌のチカラをどうしたら腸に取り込めることができるのでしょうか。日常の生活が、健康的であれば二つの菌はバランスがとられさほどの、問題はありません。しかし様々な理由で忙しい現代人なので、時に不規則な生活も送ることになってしまうのです。そんな時には、健康の敵である悪玉菌が増えてしまいます。善玉菌のチカラを上手く腸内に、取り込むには発酵食品であるヨーグルトを食習慣に加えることです。ヨーグルトの中にある乳酸菌は、腸内に来るまでには生きたまま到達するものは少ないので、生き残った少数を増やすためにも糖分を加えてください。オリゴ糖や蜂蜜ならば血糖値も急には上がらずに、身体に良いミネラルも含まれているので、善玉菌のチカラを増やすためにもヨーグルトに入れましょう。風味も増すので、食べやすいという点からもおすすめします。